UNDONE(アンダーン)

UNDONE(アンダーン)機械式とクォーツ式の違いとは?ムーブメントの3つの豆知識!

更新日:

UNDONE(アンダーン)のサイトをみているとカスタマイズをしたくてウズウズしてきますよね?でもちょっとまってください。

アンダーンを購入する前に覚えておいたほうが良い知識があります。それはムーブメントについての知識です。

UNDONEのムーブメントには2種類あり、それは機械式とクォーツ式です。知らなくても損はしませんができれば知っておいて欲しい!そんな豆知識です。

 

UNDONE(アンダーン)の購入前に知りたいムーブメントの種類

UNDONE(アンダーン)装着時

UNDONE(アンダーン)のムーブメントには2種類のムーブメントが存在しています。その2種類は自動巻き機械式とクォーツです。

そもそもあまり腕時計を普段しない人からすればムーブメントって?機械式?クォーツ式なにそれ?から始まりそうです。その変から解説していきます。

 

ムーブメントは腕時計の駆動力の源!車で言うエンジンだ

ムーブメントとは車で言うエンジンの部分。駆動力を生み出すのでこれがないと腕時計は動かないのです。そのムーブメントの種類には大きく分けて機械式とクォーツ式があるのです。

機械式には自動式と手動式がある!ゼンマイで動くが高価格

腕時計のムーブメントの『機械式』はゼンマイで動きます。1万円や2万円で動く時計の殆どは電池で動いているのでゼンマイで動く時計なんて馴染みがないでしょう。

UNDONE(アンダーン)の場合も種類によっては機械式が採用されています。機械式は世間的には高価と思われておりロレックスやオメガも機械式です。

クォーツ式時計は電池で動き低価格帯が多い

クォーツ式時計の場合は電池があれば動きます。機械式とことなり大量生産ができ1〜3万程度で購入できる腕時計はほとんどがこれにあたります。

例えば若者に人気のDIESELだったりG-SHOCKなどがあります。クォーツ式の場合はメンテナンスにお金がかからず手間もかかりません。

 

UNDONE(アンダーン)で購入できる2種類のムーブメントの特徴

UNDONE(アンダーン)のムーブメントにはクォーツ式(電池式)と機械式(自動巻き)の2種類があり、URBAN、AQUA、TROPICALの3種類のシリーズがあります。

UNDONE(アンダーン)で購入できる腕時計のスペックをみていきましょう。。

URBAN・TROPICALはクォーツ式、AQUAは電池式

製品 URBAN(アーバン) TROPICAL(トロピカル) AQUA(アクア)
見本(ほんの一例) UNDONE(アンダーン)アーバン UNDONE(アンダーン)トロピカル UNDONE(アンダーン)AQUA
価格 35400円〜 41640円〜 57000円〜
ムーブメント クォーツ クォーツ 自動巻き機械式
重さ 約60g 約60g 約120g
ストラップ幅 20mm 20mm 22mm

簡単なスペック表です。UNDONE(アンダーン)でもクォーツ式は3万円台〜。機械式のAQUAは5万円台から購入することが可能です。

 

機械式のAQUAの方が高価でメンテナンスにお金がかかる

機械式は世間的にも高価というイメージがあるので腕時計の知識がそれなりにある人には『機械式だよ!ドヤ!』ができます。

機械式はオーバーホール(分解掃除)が必要なのでどうしてもメンテナンス代がかかってしまい、オーバーホールの交換は数万円してしまいます。

クォーツ式にくらべ高価な時計です。

クォーツのURBANやTROPICALは電池式なので安価でメンテの手間が少ない

機械式に対して電池式のURBANやTROPICALは電池の交換だけなのでメンテナンス費用はほとんどかかりません。

電池交換はUNDONE(アンダーン)の公式でやる必要もなく近所の時計屋などでも電池交換くらいならやってくれます。

ただし針式のクォーツ式の場合に潤滑油が減った場合は分解が必要になるのでその場合は数万円かかる場合があります。それはUNDONE(アンダーン)以外でも起こる可能性はあります。

数万かかってしまうなら書い直したほうがいいでしょう。

AQUAは機械式なので装着していないと止まってしまう!

AQUAは自動巻きの機械式腕時計なので日々装着していないと1日〜2日程度で止まってしまいます。ただし、クォーツ式の時計の用に突然電池がきれて使い物にならないなんてことはおきません。

 

UNDONE(アンダーン)購入時にはクォーツ式と機械式を購入すべき?

これまでUNDONE(アンダーン)の購入前に知っておきたいムーブメントの知識を解説してきました。はたしてどちらのムーブメントがいいのでしょう?

メンテなどが面倒な方はURBANやTROPICALがおすすめ

オーバーホールの交換が必要な機械式はやはりメンテナンスに手間がかかってしまいます。メンテと面倒くさいという人は、比較的安価で手に入れることができるクォーツ式の腕時計を購入するのがいいでしょう。

とはいえせっかくカスタマイズするのかから機械式の腕時計を1本もつのも良い!

私ははじめてのUNDONE(アンダーン)は機械式のアクアを購入しました。多少値段が張りますが機械式のほうが手間がかかる分愛着もわきます。また一生に一度でいいから機械式の腕時計を使ってみたいというのもありました。

自分の好きなデザインで5万円で購入できる機械式の腕時計はなかなかないのでこれをきっかけに一本かってみてはいかがでしょうか?

-UNDONE(アンダーン)

Copyright© カスタム腕時計の人気ブランド比較サイト|クロノラボ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.